温水洗浄便座付きトイレの水漏れ

日本人にとって温水洗浄便座は、もはや当たり前のものとなりつつあります。世界のなかでもトイレ先進国と言われる我が国の技術は世界的にも注目されており、いまだに訪日外国人のお土産ランキングでも上位に入っています。便座が温かくシャワーでお尻を洗ってくれる以外にも節水や自動洗浄、自動開閉などさまざまな技術が導入されています。
しかし、繊細な電化製品となった便座とトイレに問題が生じて、水漏れすることもあります。

■便器の問題ではなく機器故障

これまでトイレで水漏れが起きる場合は、タンクや給水管、便器と床の連結部、排水管などが原因として考えられていました。しかし、温水洗浄便座が付いたものは単に水が漏れるわけではありません。温水洗浄便座という精密機器の故障により、部品の不具合や破損などが原因となって水が漏れています。これまで以上に水が漏れる問題は深刻かつ複雑です。
修理は劣化した部品交換のような単純なものでなく、電子回路などを熟知している必要があり、無理すると感電や火災が生じるおそれもあります。電源を切って丸ごと買い替えるのであれば問題はありませんが、修理を考えているのであれば、プロの業者に相談してからの方がいいでしょう。温水洗浄便座では、パーツのジョイント部分やノズル、タンク給水ソケットなど、水が漏れる可能性がある箇所もさまざまです。

■温水洗浄便座の水漏れの対処法

温水洗浄便座から水が漏れている場合は、止水栓を閉めるだけでなく電源を抜くことが大切です。複雑かつ精密な電子基板などが使用されているため、水が入ると故障の原因になるだけでなく発火することもあります。温水洗浄便座だけに問題がある場合は、メーカーに連絡して部品を取り寄せたり、買い替えをしたりすることで問題が解消できることもあります。
しかし、便器やタンクとの関係から水が漏れている場合は、温水洗浄便座以外にも修理が必要となる場合があります。温水洗浄便座が原因と思っていたら、実はタンクやパイプの接合部分の問題であったということもあり得ます。勝手な判断で状況を悪化させることなく、まずは、専門業者にみてもらうことが大切です。

■まとめ
温水シャワーでお尻を優しく洗ってくれるだけでなく、節水や節電、自動洗浄で掃除する機能など、さまざまな機能を備えた温水洗浄便座はとても便利で快適なアイテムです。それだけに故障して水漏れが発生すると簡単に修理することができません。
また、便器やタンクに問題がある可能性もあるため、素人判断で対応するのは危険かつ無駄が多くなります。トイレの水漏れの問題は、初期の段階で専門業者に依頼するのが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ