トイレの床が濡れる水漏れ

トイレに入ったときにスリッパの裏が濡れていたり、床に水滴が落ちていたりすることがあります。寒さが厳しいときに結露が生じることもあるので一概に水漏れとは断定できませんが、原因を特定しないまま放置すると床が水浸しになって床材の張り替えが必要となる場合もあるので注意が必要です。
床が濡れている場合は、自分で対処するか業者に依頼するかの2択になりますが、適切に判断しないと取り返しがつかないことにもなりかねません。目に見えない床への水漏れをどのようにチェックすればいいのか、その対処法も含めて考えてみましょう。

■トイレの床濡れのチェック

トイレの床が濡れているときは、床にこぼれている水が透明か汚れているかをチェックすることから始めましょう。汚れている場合は排水管からの水漏れの可能性が高く、即対応が必要です。透明な水の場合は、冬場の寒い時期で少量であれば結露であると判断できます。寒いときはタンクの表面にも結露することがありますが、一度拭き取ってみてタンク内から水が漏れていないかどうかもチェックする必要があります。
濡れている水が汚い場合は、便器と床の間から、あるいは、便器から汚水が漏れている場合が考えられます。また、黒っぽい水の場合はゴムパッキンの劣化による色であることも考えられます。判断がつかない場合は勝手に対応せず、一度業者に相談してみるといいでしょう。

■トイレの床濡れの対処法

トイレの床が濡れている場合、チェックによってその原因が特定できれば対処する方法もあります。結露で濡れている場合は、こまめに拭き取るか結露防止スプレーなどを使用したり、常時換気扇を回したりすれば問題は解決します。タンク内部から水が漏れている場合は、タンク内部品の劣化や破損、タンクのひび割れなども考えられるため、明らかに部品交換で済む場合以外は専門業者の判断を仰いだ方がいいでしょう。
厄介なのは、便器と床の間から汚水が染み出して漏れている場合です。便器のひび割れや排水管との接合部分に、何らかの問題があることが考えられます。特に排水管に異常がある場合は専門的な技術や工具が必要となるため、自分で対処せずにプロの業者に依頼することが大切です。

■まとめ
トイレの水漏れでは、素人でも明らかに問題箇所が特定することができ、簡単な部品交換のみで問題が解消することもあります。しかし、場合によっては便器を取り外して排水管をチェックしなければならないこともあり、プロしかできない作業も数多くあります。
水が漏れる原因がわからない、原因はわかったが自分では対処できないというときは、なるべく早く業者に連絡して来てもらいましょう。水が漏れることによってダメージが大きくならないうちに連絡することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ