トイレタンクからの水漏れ

トイレの水漏れの原因で最も多いのがタンクの不具合です。直接水を流さず一旦溜めた水が落ちる水流を使って尿や便を流す仕組みになってます。そのためいつもタンクには水が溜まっている状態となり、それによって劣化や老朽化が進みます。また、タンクのなかには水の量を調節するためにポールタップなどの部品も多く、劣化や破損が水漏れの原因となることもあります。トイレで水が漏れていると気づいたら、まずその状態をチェックしてから必要とあればプロの業者に依頼するようにしましょう。

■トイレタンクの水漏れチェック

タンクから水が漏れている場合、まず蓋に異常がないかどうかをチェックしましょう。水の流れを整えるためにスポンジがついていますが、長年の使用によってスポンジが劣化していることも考えられます。最近では手洗いが別になっていることも多くなりましたが、それでも手を洗うための管がタンクの上に伸びている場合もあります。手洗管の根元から水が漏れているかどうかもチェックしましょう。
タンクから直接漏れているのではなく、便器に常時水が流れている状態のときは、タンク内のボールタップが正常に機能せずにオーバーフロー管から水があふれ出していることも考えらえます。ゴムフロートとともにタンクのフタを開けてチェックしましょう。そのほかにも、止水栓や給水管、水栓レバーなども確認して、水が漏れている箇所を特定することが大切です。

■トイレタンクの水漏れ修理

タンクからの水漏れの原因が特定できたら、それに応じた修理が必要となります。タンクのフタの裏に設置されたスポンジが劣化している場合は、樹脂カバーを取り出してスポンジを取り、新しいスポンジに交換すれば完了です。手洗管に問題がある場合は、パッキンの交換で済む場合と丸ごと交換が必要になる場合があり、判断ができなければプロにお願いした方がいいでしょう。
タンク内のポールタップやゴムフロートを修理する場合は、劣化した部品の交換、調整などが必要となることがあります。ゴムフロートの交換は比較的簡単にできますが、ポールタップはスパナなどの専用工具がないとできません。また、タンク内で作業するときにタンクを傷つける可能性もあるため、無理はせずプロに依頼した方が失敗することも少ないです。

■まとめ
トイレの水漏れには、タンクに問題があることが主な原因として考えられます。しかし、一口にタンクといってもフタのスポンジや手洗管、水栓レバー、ゴムフロートやポールタップなどのタンク内部の部品、止水栓や給水管など、どこに問題が生じているかを特定することだけでも容易ではありません。
また、劣化した部品の交換だけでも素人では難しい作業もあり、無理をするとタンクを傷つけてしまう恐れもあります。専門的な知識や技術をもつプロに依頼するのが一番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ